歯周病と歯肉炎の違い

様々な要因で歯肉炎や歯周病は発症する

口腔内に歯垢が溜まっていることで

歯周ポケットの深さについては、歯科医院でプロービング検査により測定ができます。
プロービング検査は、「プローブ」という専用機器を使用して歯周ポケットの深さを計測します。
歯周ポケットが2ミリより浅ければ健康な状態だと考えられるのですが、歯茎からの出血や腫れなどの症状が出ている際は、歯肉炎にかかっているかも知れません。
歯周病へと進行することにより、歯周ポケットは2ミリ以上になってしまいます。
歯周病は3つの段階に分けられているのですが、それぞれ歯周ポケットの深さについては、以下が基準とされています。
軽度の歯周病は2ミリから4ミリ・中度の歯周病は4ミリから6ミリ・重度の歯周病は6ミリ以上となっています。
歯肉炎と歯周病では、進行度合いや症状が違います。
軽い症状の歯肉炎から歯周病へと進行するまでの進行段階別については、口腔内に歯垢が溜まることで、歯垢に潜んでいる細菌が出す毒素により歯茎が炎症を起こしてしまいます。
これが、歯肉炎という病気の仕組みです。
歯肉炎になったとしても痛みはないのですが、歯磨きをすると出血したり、歯茎が赤く腫れたりします。
歯肉炎を放置すると、軽度の歯周病へと進行して、歯茎の炎症が進み、歯肉炎のときよりも出血や腫れが目立つようになってきます。
痛みはまだないのですが、歯周ポケットが深くなり歯を支えている顎の骨を溶かし始めるのが特徴です。
中度の歯周病へと進行することで、歯茎の炎症はさらに進んで、歯周ポケットはより深くなっていきます。
歯茎からの出血の他に、歯茎から膿が出たり、口臭がきつくなるという症状が見られるようになるでしょう。
重度の歯周病になると、歯周ポケットは6ミリ以上になってしまい、歯周ポケットの奥深くに歯垢や歯石でびっしりと溜まってしまいます。
顎の骨が溶かされてしまうので、歯がグラグラするようになり、痛みもひどく食事をするのも大変になって、いわば末期の状態です。

おすすめリンク

京都で矯正歯科治療希望

京都で矯正歯科の治療をしたい人におすすめ!歯並びを治すのには医師の適切な診断が重要です。