様々な要因で歯肉炎や歯周病は発症する

歯周病へと進行することにより歯茎の腫れや出血する

歯石の表面はザラザラしている

歯石は、歯垢が石灰化することで硬くなってしまい、歯石は死んだ細菌の塊なため、歯石そのものが歯肉炎の要因となることはないのですが、口腔内に歯石があると歯垢が溜まりやすくなってしまうという問題点があります。
歯石の表面はザラザラしているため、どうしても歯石の表面に歯垢が付きやすいのでしょう。
つまり、歯石が多い方は歯垢が溜まりやすく、歯肉炎の危険性が高いということになります。
歯石は、歯肉炎の間接的な要因になり、歯肉炎の発症や進行を抑えるためには、歯垢と共に歯石を取り除くことが大切でしょう。
上記にあったように、歯肉炎の直接的な要因は歯垢ですが、以下のような生活習慣によっても歯肉炎を引き起こす間接的な要因になるため注意が必要です。
歯磨きが雑だったり、歯磨きをサボったりすると、口腔内に歯垢が溜まることによって、歯肉炎を発症しやすくなるのです。

タバコを吸うことで白血球の機能が低下

一方で、正しい歯磨きが習慣化している方は、口腔内の歯垢が少ない状態を保っているため、歯周炎になる危険性も低いでしょう。
お酒が歯肉炎の要因になると思っている方もいますが、お酒により歯肉炎を発症したという記録はありませんが、一歩踏み込んで考えるとお酒を飲むことにより歯磨きがおろそかになってしまう場合もあると思います。
お酒を飲んで帰った日は、歯磨きがおろそかになってしまう・歯垢が溜まる・歯肉炎になるという悪循環が考えられます。
また、タバコを吸うことで白血球の機能が低下することにより、あらゆる細菌に対しての抵抗力が下がります。
非喫煙者より喫煙者の方が歯肉炎となる危険性が高くなってしまうのです。
タバコを吸っている方は、歯肉炎になっていてもその症状に気付きにくいため、歯周病に進行してしまう場合が多々あります。
タバコに含まれているニコチンが毛細血管を収縮させて、歯茎からの出血をしにくくしているからです。